医師になるために

現役医師が紹介します。 ishps.org

3次救急病院の実際

doctor

救急医療は、1次救急、2次救急、3次救急の大きく3つに分けられる。

1次救急病院は入院を必要としないケース、2次救急病院は入院、手術を必要とするケース、3次救急病院は、2次救急病院では対処できないような重症ケースや高度専門医療を必要とするケースを担当する。

3次救急病院は言わば最後の砦である。

一時期、某3次救急病院の神経内科で研修医をしていた。研修の最初は指導医のもと治療にあたっていたが、最後の方では夜間帯の当直を任され、脳・神経に門する全ての救急疾患を受け持っていた。

そこで培った知識は今、少々の救急疾患でも冷静に対処できることにとでも役立っている。

ここでは神経内科での3次救急病院の治療の実際の流れを紹介する。神経内科の担当範囲は脳・神経に関することで内科的に対応できる全ての疾患である。

まず救急隊や高度の救急設備を持だない近隣の病院やクリニックから、「急に右腕が動かなくなった」「高熱を出して暴れている」「突然倒れて意識がなくなった」といったような電話が入る。

同時に意識レベルや血圧などのバイタルサインも伝えられる。

これらの電話で大体の疾患を想定し、緊急性かあるかを判断し、緊急性があればすぐに来院を促す。

救急隊によって連れて末られた患者さんはストレッチャーで処置室に運ばれて、その間に救急隊員から症状の出現した時間や意識レベル、バイタルサイン、症状の変化などの引き継ぎを受ける。

処置室に入るとすぐに点滴ルートを確保するとともに採血を行う。

それから患者さんに呼びかけ、意識レベルの確認(受け答えできるか、意識がはっきりしているか等)を行い、身体所見をとる。

神経内科では、脳梗塞、クモ膜下出血、脳内出血、脳炎、てんかん発作などが緊急疾患であり、身体所見診察は休に現れる多様な身体症状を察知するために行う。

脳梗塞であれば手足の麻疹、クモ膜下出血なら激烈な頭痛や叶き気、脳炎なら発熱し首が硬くなったりするため、それらのサインを見逃してはならない。

心電図モニターで、心電図波形、血液中の酸素濃度、血圧、脈数を計測し全身状態を経時的にチェックする。

呼吸状態が悪ければ酸素マスクで酸素投与を行ったり、場合によっては挿管といって喉に管を入れ人工呼吸器に繋げ呼吸の管理を行う。

一通り処置が終わると、脳のCT撮影を行う。急性期の脳梗塞はCTには写らないが、頭の中に出血があれば白く光るのですぐにそれと分かる。

脳梗塞の可能性が高ければ脳MRIという検査を行うことも多い。超早期悩梗塞であれば血栓溶解療法といって血管内の詰まった血の塊を溶かしたりするが、ある程度時間が経っていれば、それ以上に進行しないように脳保護剤などを点滴に混入しながら絶対安静にする。

脳に出血がみられた場合、脳外科との連携が必要である。出血量が多ければ脳を圧迫して呼吸が止まったりするため、緊急の脳外科手術が必要になるからだ。

脳炎の症状も多彩である。発熱がなければ精神科患者さんと間違えられてしまうため、慎重な診察が必要である。

このように救急疾患は即座に判断し、処置を行っていかねばならない。処置が遅れたり判断を誤ると、重い後遺症が残ったり死亡に繋がってしまう。

迅速且つ正確さが特に要求されるのである。

Categories
未分類