医師になるために

現役医師が紹介します。 ishps.org

精神科医は心を診る

doctor

幼児を例にとれば、1歳半健診で言葉の遅れを指摘された、他の子とどこか違う、癩癩がひどい、落ち着きがないなどを主訴に母親が相談に来ることも多い。

その場合、知的障害や自閉症、注意欠陥・多動性障害などの発達障害を疑ってフォローしていかねばならない。

小学校に入れば、不登校、いじめ、授業中座っていられない、すぐに暴力が出るなどが主訴になる。

これも児童の精神科の範躊である。

またこの頃忘れてはならないのが、養育者からの虐待である。

親から虐待を受けた子どもは思春期や成人に重篤な心的外傷の後遺症を残す可能性が高く、精神科的な早期介入が必要なのである。

中学生・高校生になれば思春期の独特の悩み、就職してサラリーマンになれば、職場でのパワハラや燃え尽きによるうつ病、高齢者になれば物忘れが出現すれば認知症も疑わねばならない。

その他、覚せい剤などの薬物依存症、アルコール依存症など、取り扱う範囲は広い。

それに伴って一緒に仕事をする関連機関は恐らく他の科に比べ圧倒的に多いと思う。保健センター、保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、児童相談所、少年鑑別所、医療少年院、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設、児童養護施設、障害児施設、福祉事務所、市役所、警察、裁判所、弁護士事務所、一般企業などの担当者と一緒になって、患者さんをどう支援していくのかを考えていくのである。

Categories
未分類