医師になるために

現役医師が紹介します。 ishps.org

医師にはこんないいことが

doctor

・社会的地位の高さ

医師の社会的な地位の高さについては高齢の方々ほど浸透している。

高齢になると即自らの命に関わるためもあるが、一昔前には医師はさらに絶対的な存在であった。今でもお医者さまと「さま」をつけてくれたりする。現在では治療方針について患者さんに情報提供して丁寧に説明し了解を得たり、いくつかの治療法を提示して患者さん自身に選んでもらうことが当たり前になってきているが、それでも高齢の方々の中には先生に全て任せますと、こちらを全面的に信頼し説明を聞こうとしない患者さんもいる。

医師に自分の意見を言うことに慣れていない高齢の方も多いのである。

・医者はもてる?

お見合いパーティーのネット広告に男性は医師・弁護士・パイロット限定などと書かれているのをみることがある。通常、この手のお見合いパーティーでは男性は審査が厳しく有料であるが女性は無審査で無料だったりするものであるが、医師参加の場合は話は逆である。

男性は独身で医師免許があればいいくらいであるが、女性ぱ家柄のしっかりしたご令嬢が条件だったりする。参加したことはないが医師というだけでかなり有利な条件を勝ち得ていると言えるであろう。

・謝礼

医師になると誰しも経験するのが患者さんからの謝礼である。公立病院では原則禁止されているが、それでも隙を突いて白衣のポケットに強引に封筒を入れられたりする。

返そうとしても患者さんが逃げてしまい、仕方なく次回まで預かることもあるし、医師によっては受け取る場合もあるであろう。

患者さんからの真摯な感謝の気持ちであり、強く拒否すると逆に信頼関係を壊すことにもなり兼ねない。その辺りは各自の責任で判断するしかないが、謝礼も積もれば馬鹿にならない額になるのだ。

Categories
未分類